持つべき価値がある外付けhdd|復旧作業がスムーズに進行

ハードウェア障害

PC

外付けhddアクセスランプ点灯してるが認識しない場合があります。物理的障害を引き起こしている可能性があります。ケーブル抜差し行っても駆動をするか確認します。物理的障害は、ソフトウェアだけでデータ復旧を行う事が難しく、業者へ引き渡しが必要です。購入時期、OS情報、イベントログ、などをまとめておきます。

もっと読む

リードエラー障害

固定ディスク

外付けhddのみ電源を落とすことができます。シャットダウンを行ってもディスクが回転したままになっている場合があり、リードエラーが発生しやすくなります。パーティション情報損傷が発生しやすくなります。チェックディスクでデータ復旧を可能にします。データ復旧ツールを後から利用しファイル復旧が可能になります。また、これら復旧作業を24時間受け付けをしている業者に依頼してもいいでしょう。

もっと読む

記録補助装置の種類

ハードディスク

記録補助装置とは

記録補助装置とはコンピューターで使用されているデータを一時的に保管していく装置のことです。一般的なパソコンではhdd(ハードディスク)が使われていますが、近年は大容量化したメモリーカードも多く使われています。しかし、価格からすると大容量のデータを取り扱う場合にはhddが主流となっています。一方で、hddは消耗品とされています。hddの仕組みは磁性体を塗布したディスクを高速で回転させて磁気ヘッドを利用して情報の読み書きを行う仕組みとなっています。このため、hddには寿命がありますし、寿命よりも早く故障してしまうケースがあります。故障した場合でも復旧させることが可能ですが、高度な故障となると復旧させるのが難しくなります。持つべき価値がある外付けhddを知り、復旧作業がスムーズに進行するように配慮しましょう。

工夫でリスクを避ける

hddはいずれは故障するものと考えるのが妥当です。そのため定期的なバックアップが推奨されています。バックアップの方法は外付けの記録補助装置にデータをコピーするというものです。業務用のシステムであれば定期的に別の記録補助装置にコピーが行われ、本体の記録補助装置が故障したさいのデータ復旧をスムーズにしてくれるメリットがあります。一方で、普段からデータを外付け装置に保管するのも復旧をスムーズにすることができます。外付けの装置であれば持ち運びが簡単で、復旧を業者に依頼するにしても持ち運びが用意に行えます。またシステムが故障していなければ業務を続けることが可能ですので、外付けの記録補助装置で保存することで故障したさいの業務が滞るリスクを最小限にすることができます。復旧してもらう業者選びに悩んでいる方は、比較サイトを参考にするといいでしょう。サイトでは業者ごとのサービス内容が明記されているので、自社に合いそうな業者を選んでくれます。アフターケアが充実している業者も多く、修理の後は定期的にメンテナンスに来てくれるところがあります。このようなサービスを利用すれば、今後も安心して使用し続けることができるでしょう。また、比較サイトには復旧費用も併記されているので、ここから大まかな予算をたてることができます。

ディスクの修理がおすすめ

磁気ディスク

外付けhddの復旧をしてもらいたいときは、専用の業者がいるので利用してみるといいでしょう。ここではデータレスキューもしていて、ハードディスクのデータやメディアのデータをレスキューしてくれるのです。またRAIDなどにも対応できます。

もっと読む